伊丹市立博物館「新・伊丹史話」P146 (有岡城の総構 輪郭線と砦)より模写 猪名野神社は、有岡城の惣構えの城郭の北の砦でもあり、岸の砦(または野宮砦)と呼ばれていた。
 境内の北の隅には、今も砦の土塁の跡が残っている。

 神社の成り立ちは地域や館・寺・屋敷などを守る鎮守神とも言われており、猪名野神社は金剛院の鎮守神と推定されている。

 猪名野神社の門前町的に発展した宮ノ前商店街は、伊丹で最も古い商店街で、アーケードを最初に設置するなど賑わっていましたが、旧阪急伊丹駅前商店街に、更には現在の阪急伊丹駅前の大型店の進出などで、寂れていき、飛行場線道路の直進化など再開発により、もう昔の面影は無くなった。



社殿

金剛院及び猪名野神社を遠望

参考にした資料:
伊丹市立博物館「新・伊丹史話」
小西酒造「伊丹歴史探訪」
安達文昭著「伊丹ウオッチング」
安達文昭さん(郷土史研究家)にお聞きした話
など。

みやのまえ文化の郷伊丹郷町館旧岡田家酒蔵旧石橋家住宅柿衞文庫

惣構え城郭と郷町有岡城跡猪名野神社伊丹の酒俳人・鬼貫