1 藤原良経
伝・藤原定家筆
「秋篠月清集」より

春日丘4丁目
発音寺東側伊丹緑道
バス停「卸売市場前」西へ


1 藤原良経  伝・藤原定家筆「秋篠月清集」より
猪名山の 道のささ原埋れて
落葉が上に 嵐をぞ聞く


写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

藤原良経 (嘉応元年(1169)~建永元年(1206))
 猪名野の小高い丘を行くと、道は笹の葉で埋もれて、その落ち葉の冬枯れの道を嵐が吹き抜けていく。
 -さびしい冬の猪名野の歌。

ふじ原よしつね (さびしい冬のいなのの歌)

いなのの小高いおかを歩いて行くと、ささの葉にうずもれた道を、あらしがふきぬけて行く。