2 藤原定家
冷泉為相筆
「拾遣愚草員外」より

春日丘6丁目
産業道路伊丹坂トンネル上
バス停「辻村」南へ


2 藤原定家 冷泉為相筆「拾遣愚草員外」より
ゐなやまの 山のしつくも いろつきて
しくれもまたす ふくるあきかな


写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

藤原定家 (応保二年(1162)~仁治二年(1241))
 猪名山の山のしづくも色つきて時雨も待たずふくる秋かな
 猪名川上流の山も色づいて、時雨も待たず、ふけ行く秋の風よ。
 -山の秋もいよいよ深まっていく。

ふじ原ていか (いなのの深まる秋の歌)

いな川の上流の山々が紅葉で色づいて、しぐれになれば風が吹き、山の秋はいよいよ深まっていきます。