3 読み人しらず
元暦校本
「萬葉集」より

緑ヶ丘1丁目
緑ヶ丘公園内南側
バス停「緑ヶ丘1丁目」下車


3 読み人しらず 元暦校本「萬葉集」より
志長鳥 猪名野を来れば 有間山
夕霧立ちぬ 宿はなくして


写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

読み人しらず
 猪名野を歩いてくると、有馬山に夕霧が立った。
 -今夜泊まる所も決まってなくて…さびしく、不安な猪名野の旅の心を詠む。
   しなが鳥(息長鳥、志長鳥)とは、かいつぶりのこと。ヰナ(猪名)にかかる枕詞。

作った人はわかりません (とまる所が無く、さびしい旅の心の歌)

いなのを歩いてくると、ありま山に夕ぎりがたちこめる時になっても、こん夜はとまる所がまだ決まっていないので、さびしいな。