5 源実朝
伝・藤原定家筆
「金槐和歌集」より

緑ヶ丘2丁目
緑ヶ丘公園西入口近く
バス停「緑ヶ丘2丁目」東へ


5 源実朝 伝・藤原定家筆「金槐和歌集」より
しながどり ゐなののはらの ささまくら
まくらのしもや やどる月かげ


写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

源実朝 (建久年(1192)~建保七年(1219))

 笹の生い茂った猪名野を旅して笹を枕に野宿していると、月かげが宿るのは、枕に霜がおりているからであろうか。

みなもと の さねとも (旅の歌)

ささがいっぱい生えている「いなの」を旅して、ささをまくらにして、のじゅくしていると、月のかげがうつるのは、まくらにしもがおりているからであろうか。