7 和泉式部
田口佳子筆
「後拾遺和歌集」より

瑞ヶ丘5丁目
瑞ヶ池公園内南東側
バス停「緑ヶ丘2丁目」西へ


7 和泉式部 田口佳子筆「後拾遺和歌集」より
津の国の こやとも人を いふへきに
ひまこそなけれ 芦の八重葺


写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

和泉式部 (生没年未詳)

 私のところへ来なさいよとも言いたいが、芦で幾重にも厚く葺いた屋根にすき間がないように、ちょうどそれに都合のよい機会がないのです。

いずみしきぶ (人を恋うる歌)

私のところへ来なさいよとも言いたいが、あしでふいた屋根がぎっしりとすき間がないように、ひまがないのです。