13 藤原定家
自筆集字
「名月記」より

昆陽池3丁目
昆陽池公園内東
バス停「昆陽池公園前」すぐ


13 藤原定家 自筆集字「名月記」より13 藤原定家 自筆集字「名月記」より   新雨初晴池水満
恩波風緩楽豊年
遠松迎我如親故
群鳥驚人争後先
暁涙伴来江館月
春望相似洞庭天
廻頭遥顧青巌路
漸隔帝都山復川

写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

藤原定家 (応保二年(1162)~仁治二年(1241))

 昆陽池を過ぎ 武庫の山に入る 藤原定家

 新雨初めて晴れ 池水満つ
 恩波 風緩やかにして豊年を楽しむ
 遠松 我を迎えて 親故の如し
 群鳥 人を驚かし 後先を争う
 暁涙 伴い来る 江館の月
 春望 相似たり 洞庭の天
 頭を廻らし遥かに顧みる 青巌の路
 漸く帝都を隔つ 山復(ま)た川

 先ほど降ったばかりの雨がやっとあがり、昆陽池には水が満ちて来た。天の恵みか、風もおだやかに吹き、今年も豊かな稔りを楽しむことであろう。
 遠くに見える松は、私を旧知の仲のようにやさしく迎えてくれ、群がる鳥は(人を驚かすように音を立てて)われ勝ちに飛び立つ。
 夜明け方、涙のわかれをした川べりの館を照らしていた月は、私について西の方へ動き、目の前の春の眺めは中国の洞庭湖の空もかくやと思われる。
 ふり返ってみると、歩いて来た路は、黒々とした岩がずっと向こうまで続いている。そんな中をいくつかの山を越え、川を渡り、都は次第に遠くなってゆく。

ふじ原ていか (こや池のようすの歌)

先ほど降ったばかりの雨がやっとあがり、こや池には水が満ちてきた。天のめぐみか、風もおだやかに吹き、今年も豊かなみのりを楽しむことでしょう。
遠くに見える松は、私を昔から知っている仲のようにやさしくむかえてくれ、むらがる鳥は、人をおどろかすように音を立てて、われ勝ちに飛び立っていきます。
夜明けごろ、涙のわかれをした川べりのやかたを照らしていた月は、私について西の方へ動き、目の前の春のながめは中国のどうてい湖の空も同じではないかと思います。
ふり返ってみると、歩いて来た道は、黒々とした岩がずっと向こうまで続いています。そんな中をいくつかの山を越え、川をわたり、都はしだいに遠くなっていきます。