43 藤原元親
三条西実隆筆
「新撰菟玖波集」より

伊丹1丁目
JR伊丹駅前 有岡城跡公園内
バス停「JR伊丹駅前」下車


43 藤原元親 三条西実隆筆「新撰菟玖波集」より

夢さめて やとにのこれる 松の風
花こそあらめ 見し人もなし

写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

藤原元親 (生没年未調査) 伊丹之親の子

 夢がさめた後、わが宿にはただの松風の音が聞こえるだけ。そのあたりにはたしかに花が咲いているのであろうが、それも夢の中のこととて、誰も見た人はないのだなあ。

ふじ原もとちか (伊丹での歌)

夢がさめた後、私の宿にはただの松風の音が聞こえるだけです。そのあたりにはたしかに花が咲いているのであろうが、それも夢の中のこととて、誰も見た人はいないのだなあ。