58 読み人しらず
尼崎本萬葉集
「萬葉集」より

森本1丁目129
猪名川左岸堤防
バス停「神津小前」


58 読み人しらず 尼崎本萬葉集「萬葉集」より

かくのみに ありけるものを 猪名川の
おくを深めて わが思へりける

写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

読み人しらず


 今思えばこうなることになっているのだったのに、猪名川の沖が深いように、心深く私は若く、美しいお前のことを思いつづけていたのだったよ。(それにしても何というやつれようであろう。)

作った人はわかりません (人を恋うるの歌)

今思えばこうなることになっているのに、いな川がふかいように、私は若く、美しいお前のことをふかく思いつづけていたのですよ。