62 上島鬼貫
句碑
(弘化四年(1847)建立)

鈴原町7T目
遍照寺境内
バス停「鈴原町6T目」北5分


62 上島鬼貫 句碑(弘化四年(1847)建立)

骸骨の 上を粧ひて 花見哉

写真をクリックすると「ディジタル拓本」が表示されます。

(写真は笹部さんご提供)

上島鬼貫 (万治四年(1661)~元文三年(1738))


 着飾った人々が、花見にうかれているが、しょせん中身は骸骨にすぎない。

上島おにつら (人せいの歌)

着かざった人々が、花見にうかれているが、中身はがいこつにすぎません。

(注)引用原典によっては、記述が異なっています。
『地域研究「いたみ」第9号(昭和53年11月)鬼貫追悼特集号』より

<鬼貫句選>(橘治板・明和6年刊)
   煩脳あれハ衆生あり
   骸骨のうへを粧て花見かな

<仏兄七久留万>(享保12年序)(武田村径本)
   煩悩あれハ衆生あり
   骸骨の上を粧ひて花見哉