旧岡田家酒蔵伊丹の酒

 伊丹は、清酒発祥の地との伝承があります。

 伊丹の北部、鴻池村に山中鹿之助の長男 新六幸元が遠縁を頼って住みつき、酒作りを始めました。最初は濁り酒を造っていましたが、慶長5年(1600)に双白澄酒(もろはくすみざけ=清酒)の醸造に成功したことが、後の伊丹の酒の隆盛に繋がりました。
 当時濁り酒が主流を占めた日本酒の中に、透明な清酒が登場して、特に需要の多い江戸に運んだところ、大歓迎されて巨万の富を築いたと言われています。
 鴻池村にちなんで鴻池姓を名乗った新六は、後に大坂に出て鴻池家の始祖となりました。

 鴻池新六の居宅跡に、「鴻池稲荷祠碑」があり、清酒発祥の地が記されている。




 さらに近年、鴻池地区に、清酒発祥の地を示す記念碑と小公園が整備されています。





 その後、江戸には樽廻船で運ぶという一大流通革命と、杉樽の香りのする芳醇馥郁たる辛口の伊丹の酒は、丹醸、伊丹諸白と呼ばれ珍重されたことと将軍家の御膳酒となり、伊丹郷町の江戸積酒造業の隆盛を極めた要因だったのでしょう。
 また、伊丹が極上酒の清酒の量産にも対応できたことも、一因と言えるでしょう。

 しかし、生一本の灘五郷の台頭で、伊丹の酒は衰退の道を辿りましたが、現在は全国ブランドの白雪と大手柄、老松を数えるだけになりました。

伊丹の酒の歴史は、「旧岡田家酒蔵」と「長寿蔵(ブルーワリミュージアム)」も併せて見学するとよいでしょう。

参考にした資料:
伊丹市立博物館「新・伊丹史話」
小西酒造「伊丹歴史探訪」
安達文昭著「伊丹ウオッチング」
安達文昭さん(郷土史研究家)にお聞きした話
など。

みやのまえ文化の郷伊丹郷町館旧岡田家酒蔵旧石橋家住宅柿衞文庫

惣構え城郭と郷町有岡城跡猪名野神社伊丹の酒俳人・鬼貫