15 須佐男神社(御願塚)

伊丹市御願塚3-10-5

伊丹市バス停「御願塚」北約300m


旧御願塚村の氏神である。
僧行基が猪名野笹原開耕のとき、天照皇大神と須佐男命を御願塚古墳の場所で、開耕の完遂を祈願されたのが創りである。
上社(北野山大神宮)、中社(須佐男神社)、下社(南神社)と分かれていたが、新幹線開通のため、昭和46年(1971)に中社は上社の隣に遷座し、鉄筋コンクリート建ての覆屋を建造した。
なお、下社は御願塚古墳にある。