21 天日神社(荒牧)

伊丹市荒牧3-16-54

伊丹市バス停「荒牧」北西約600m


荒牧の氏神で、天が授けた土地という意味で天日神社といわれている。
創建は不明だが、江戸時代中頃には存在していたとみている。
祭神は、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命であると伝えられている。

旧社殿は宝永元年(1704)の建立で、明治の初期に大修理を行い、昭和55年(1980)に改築をした。
鳥居も平成4年(1992)に新調したが、平成7年(1995)の阪神淡路大震災で倒壊し、再建されている。そのことを後世に語り継ぐためモニュメントが平成16年(2004)に完成した。







玉稲荷神社五社稲荷神社




太神社


阪神淡路大震災で倒壊した鳥居のモニュメント



力石




本殿の狛犬


太神社の狛犬
(珍しく左右の阿吽が入れ替わっています)