8 源正寺

仙野山

浄土真宗本願寺派

伊丹市仏教会

伊丹市荻野5-153

伊丹市バス停「荻野」西約150m


室町時代末期の永正14年(1517)当地支配の国人葛野兵衛輝光の開基になる寺院で、はじめは真言宗で、後に浄土真宗に改宗された。
開基以来、500年近い歴史を持つ市内有数の古刹である。

本堂は当初方形造りであったが昭和44年(1969)に鉄筋コンクリート造りに立て替えられた。
本堂内部は内陣、外陣に分かれている。
本堂横の中庭をはさんで書院と庫裏が続いている。

本尊は阿弥陀如来立像で、江戸時代初期の作といわれている。
親鸞聖人、蓮如上人の御影像のほか、聖徳太子、聖徳太子、真宗七高僧の掛け軸がある。