9 玄徳寺

 

浄土真宗本願寺派

伊丹市口酒井1-4-23

伊丹市バス停「口酒井」西約200m


村が建立管理する寺である。
道場としての創始は記録によると天正4年(1576)と伝えられている。
本堂等の建立は寛永16年(1639)といわれ、寛永18年(1641)に寺号の付与と、本尊阿弥陀如来像の設置の許可を得ている。
開山は釈道妙である。

本堂は一般住宅建築である。

本尊は、阿弥陀如来立像である。
宗祖親鸞聖人御影、文如上人御影、聖徳太子御影、七高僧御影がある。