21 正覚院

崑崙山

高野山真言宗

伊丹市仏教会

伊丹市寺本1-103

伊丹市バス停「昆陽里」東約300m


行基が建立したとされる昆陽寺塔頭の一つである。
天正7年(1579)織田信長が有岡城主荒木村重を攻略したときの兵乱時に、灰燼に帰し、その後復興していた。
本堂が老朽化したため、昭和54年(1979)鉄筋コンクリート造りに改築されている。
以前には、昆陽寺の山門から、この正覚院の前を通って、南の旧西国街道まで参道が延びていたが、国道171号線の高架化により分断された。

すぐ南の旧西国街道沿いの公園の中に閼伽井(あかい)の井戸の旧蹟がある。

本尊は十一面観世音菩薩である。

川辺西国観音霊場三十三所めぐり:第十四番札所

七福神めぐり:毘沙門天