29 大空寺

為樂山

真言宗御室派

伊丹市仏教会

伊丹市野間6-5-5

伊丹市バス停「野間」西約200m


聖武天皇のとき(724~49)行基菩薩によって創建された寺と伝えられている。
本堂は貞亨年間(1673~87)に造られ、鐘楼は鎌倉時代の建築といわれていたが、阪神淡路大震災により倒壊したが、現在は再建されている。

貞亨3年(1686)の縁起書によると、織田信長の荒木村重討伐の兵火に遭い、藤原時代の本尊の聖観音菩薩を焼失してしまった。そこで脇侍の延命地蔵菩薩を本尊とした。
後に聖観音菩薩は再興されて観音堂に安置され、その脇侍として不動明王と毘沙門天が祀られている。

川辺西国観音霊場三十三所めぐり:第十六番札所

七福神めぐり:布袋尊