34 福勝寺

高流山

浄土真宗大谷派

伊丹市仏教会

伊丹市岩屋1-2-5

伊丹市バス停「岩屋」北東約200m


当山は、寛永2年(1625)釈浄味が創建したといわれている。
創建当時の寺域は広大で、周辺は紅葉の美しいところで、京、大坂から文人墨客の来遊も多く歌にも詠まれている。
しかし、このあたりは低地で、大雨が降ると河川が氾濫して寺域も水浸しになったそうである。
現在の寺域は、伊丹空港の拡張により縮小された。

本堂、鐘楼および山門(薬医門)はともに鉄筋コンクリート造りで、昭和40年(1965)に再建された。
山門を入ると正面に本堂があり、左側に鐘楼、右側に親鸞聖人像が立っている。

本尊は阿弥陀如来立像である。
宗祖親鸞聖人御影、中興の祖蓮如上人の御影、聖徳太子の御影、七高僧の御影が祀られている。