35 遍照院

崑崙山

高野山真言宗

伊丹市仏教会

伊丹市寺本2-167

伊丹市バス停「昆陽里」東約300m


行基が建立したとされる昆陽寺塔頭の一つで、昆陽寺に隣接している。
天正7年(1579)織田信長が有岡城主荒木村重を攻略したときの兵乱時に、灰燼に帰し、その後復興していた。
建物が老朽化したため平成5年に解体して、平成6年(1994)に庫裏が完成し、平成7年(1995)の阪神淡路大震災で本堂の建築が遅れていたが、平成8年(1996)に落慶した。

本尊は薬師如来像、脇侍として日光菩薩像、月光菩薩像、脇仏として地蔵菩薩像があり、弘法大師像、十二神将像も安置されている。

川辺西国観音霊場三十三所めぐり:第十一番札所

七福神めぐり:大黒天