39 法専寺

福禄山

浄土真宗本願寺派

伊丹市仏教会

伊丹市中央3-1-10

「阪急伊丹駅」東約300m


天文年間(1532~54)浄土真宗の布教場がつくられ、その後寛永2年(1625)、釈了善のときに本格的な寺院が建立され、本願寺より法専寺の寺号が許可された。木仏阿弥陀如来像が安置された。
宝暦8年(1758)の大火で本堂を焼失したが、宝暦12年(1762)再建し、文化7年(1810)に鐘楼門が完成した。
現在の梵鐘は昭和46年鋳造である。
平成7年(1995)の阪神淡路大震災で本堂及び鐘楼門が被災したが、同年復興した。

本尊は阿弥陀如来立像である。
聖徳太子御影、親鸞聖人御影、蓮如上人御影をお祀りしている。