50 了福寺

楠野山

浄土宗

伊丹市南野4-2-16

伊丹市バス停「南野」西約300m


寺伝によると、天平年間(729~49)に行基が昆陽池およびその他の池を造るために伊丹に来たとき、道場として建てたと伝えられている。
中誉上人のときに浄土宗になり、その後約百年にわたり続いていたが、明治維新のあと廃寺になった。
以降現在も無住の状態が続いて、付近の住民により管理されている。
南野神社と隣り合わせにあり、南野宮寺ともいわれている。

本堂の他に薬師堂、弁財天堂、稲荷社等がある。

本尊は阿弥陀如来坐像、ほかに善導大師像、法然祖師像等が祀られている。
薬師堂には、薬師如来坐像と日光・月光両菩薩立像のほか十二神将立像、観世音菩薩立像、弁財天立像が祀られている。

川辺西国観音霊場三十三所めぐり:番外



 本堂薬師堂


弁財天堂稲荷社